結婚式の引き出物とは?簡単に説明します。

結婚式に行った際、必ず「引き出物」をもらいますよね。
実は、引き出物は結婚を祝福してくださる方々への感謝の意味で贈るものなんです。
今回は、結婚式にもらう引き出物についてまとめてみました。

結婚式の引き出物

引き出物は、結婚を祝福して下さる方々への感謝の意味で贈る品物です。

引き出物の語源

昔は結婚式だけではなく、家に招いたお客様に対して贈り物(手土産)を用意する風習がありました。
平安時代の身分の高い方たちが祝いの宴などを行った際、帰るお客様に対して「馬を引き出して贈っていた」ことが語源と言われています。
また贈り物をすることで、末永いお付き合いや関係が続くことを願って贈り物をしていたそうです。

このような名残から、お祝いの場である「結婚式では引き出物を贈る」という風習があるんですよ。
なんて素敵な心遣いですよね。

引き出物の種類

引き出物には、大きく3つの種類があります。
・お菓子などの引き菓子
・形に残る贈り物
・しきたり品(しきたり品が決まっている地域もある)

現在では、形に残る品物を贈ることが増えてきており、実用的な品物からカタログギフトまでさまざまな種類があります。
そのため、贈る相手によって贈り分けをする方も増えてきているんですよ。

贈り分け

贈る相手の好みもライフスタイルなども異なりますよね。
そのため「貰って嬉しくない」なんてことがないように、ゲストによって引き出物を分けることを贈り分けと言います。
つまり、新郎新婦が招いた方々を「喜ばしたい」「感謝を伝えたい」ということなんです。

また親族などであれば、ご祝儀を多く用意する方もいらっしゃるでしょう。
そのようなことを想定したうえで、贈り物をゲストに合わせて準備すると良いでしょう。

現在で贈り分けは当たり前になってきており、マナーとも言われるほどです。
引き出物を準備する際は、贈るマナーなど事前に確認しておきましょう。

しかし、予想以上のご祝儀を下さる方もいらっしゃいます。
そのような際は、結婚内祝いを贈ると良いでしょう。

結婚内祝い

結婚内祝いとは、結婚のお祝いを下さった方へのお返しとして贈るものです。
また上述したように、結婚式に参列したゲストで予想以上のお祝儀を下さった方へ贈る場合もあります。

贈るタイミングとしては、式から1ヶ月以内がベストでしょう。
お返しの目安としては、お祝いの半分(半額)のものです。
贈る相手に合わせて品物を選ぶと、より感謝の気持ちを伝えることができますよ。

結婚式の準備ならココがおすすめ

フォトスタジオ

B WORKs PHOTOGRAPHY

奈良市でフォトスタジオなら、ポートレートを得意とする経験豊富なフォトグラファーが撮影を行っている「B WORKs PHOTOGRAPHY」がおすすめです。

スタジオだけでなく、自宅やお気に入りのロケーションでの撮影も行っており、様々なシチュエーションの撮影を行っています。

これまで磨いてきた撮影テクニックを駆使して、いつも通りの自然な表情を引き出し、素敵な写真を撮影してくれますよ。

和やかな雰囲気の中で撮影を行っているので、初めて利用される方もリラックスして撮影が行えます。

[詳細]
■店舗名 LIFE PhotoStudio by B WORKs PHOTOGRAPHY
■住所 奈良県奈良市西木辻町216-1
■電話番号 090-6051-6700
■営業時間 11:00~19:00
■定休日 月曜日

まとめ

結婚式の引き出物には、新郎新婦が感謝の気持ちを伝えるために贈る品物という意味があります。
贈る品物は、相手のライフスタイルや好みなどによって贈り分けをすることも大切です。
自分が贈る側になった時は、大切な方々へ感謝の思いを込めて引き出物をチョイスしたいものですね。